2006年12月22日

ストライクフリーダム フルバーストモード

と言うわけで、しっかり購入してます^^;
いや、何か、購入しました!って言うと反感買いそうなくらい品薄のようで気が引けますが(汗)、しっかり内容をレポートしておこうと思います。

最初に断っておきますが、

ノーマル版は5040円
バースト版は7350円です。その差約2300円。(標準HG一体分以上)

さて、では内容紹介。

まずはパッケージより。
2006.12.21.1.jpg
はじめて見るそのパッケージは、カッコ良い!!
ベラボーにカッコ良い!!
もちろんノーマル版もカッコいいんですけど、もう見てしまってたからインパクトは薄かったです。。。
やはり、このファーストコンタクトの時が一番印象が深まるところですよねぇ^^
この感覚、凄く好きです^^
おかげさまで、購入前はあまり乗り気じゃなかったのですが(爆)、ちょっとテンションが上がりました^^;

しかし、かっこ良さとは裏腹に・・・

2006.12.21.2.jpg

でかい!!!!でかすぎる!!!
あの!αアジールと比べても圧倒的に大きい。。。
これ、もしかしたらPGクラスと大きさが一緒なのかも・・・
上に大きくすればもう一寸小さくなるのに・・・

さて、今度は内容です。

まず、注目は関節。金メッキ仕様です!!!

が!!!しかし!!!

いつものメッキとはちょっと違い、弱冠輝きを抑えた感じのものです。
アカツキのようなメッキにつや消し吹いたらこんな感じでしょうか???
全然メッキっぽくなくて、ノーマル版のもついているのですが最初は違いがはっきりわかりませんでした(超滝汗←一応、輝いていますが、いつものを想像してたので・・・

しかも!!!
ランナー2枚だけメッキ。。。
あれ?全部の金がメッキなんじゃないの??

ちょっと、というか、かなり拍子抜けの内容に感じたのはお伝えしておこうかと思います。


2006.12.21.3.jpg

これがその画像。
右がノーマル。左がメッキ。
いや、一応メッキって言えばメッキだし、関節が目立ちすぎるのも・・・ってHJムックの伊勢谷さんのストフリでも言ってたしねぇ?
でも、量の少なさと言い、輝きと言い、かなりガッカリしたのは確かです(爆

それと、付属のベース。

2006.12.214.jpg


2006.12.215.jpg

僕は買えてないのでわからないのですが・・・
これってもしかして、レジェンドについてて、最近単品売りされたスタンドじゃありませんか???
もしかして、それのクリアー版ってだけ???

そうだとしたら、これもかなりガッカリ・・・

後は・・・
2006.12.21.6.jpg

ポスター?
これって・・・CDのジャケット・・・とは違うよねぇ?いや一緒か??
こういうの、結構僕は気にするんで、使い回しじゃあまりありがたみは無いなぁ・・・
どっちにしてもいらない特典ですが・・・

2006.12.21.7.jpg

コレは一応フルバースト用の取説ですね。
内容は・・・同じか?それはまだ未確認。

ちなみに、この他にもドラグーン用のクリアーパーツが(最近のクリアパーツの中ではちょっと質感が悪い・・・)付属しています。


この内容、2300円分にはちょっと満たないんじゃないか?と思われても仕方ないと思いますけどねぇ。。。
もうちょっと期待してたのになぁ〜。

事前に内容をもっと公開しておいて欲しかった。。。

これ、バンダイさんの確信犯だと僕は思いますけどどうなんでしょうか?
ちょっと、煽り過ぎですよ。ホント。

通常版を大量に出荷する気持ちもわかる気がする。
でも、欲しい人には行きわたるくらい生産しておいてほしいものです。
良心的な企業なら年初にすぐ再販かける様にしてくるはず・・・

個人的には・・・パッケージが最大の利点かな(核爆
新しいイラストで新鮮だったのでテンションアップはしました^^

ちなみにフルバーストも再販する様なので、最大限に悔しがらなくても問題ないと思われます。
買った僕に言われたくは無いと思いますが(汗

いやいや、でもホント、急がなくても良いですよ、この内容は。。。
だって、僕自身、もう二度と買わないと思いますもの(爆
2個目以降は買うなら通常版ですね(爆
間違っても、オークション等で高値で購入しない方が良いと思います。

・・・いやだから、買った僕に言われたくないと思いますが(超滝汗


さて、レビューも終わった所で(汗)、ちょっと組んでみました。
初回特典の小冊子(コレは通常版も入ってます)に、開発者の言葉とか載ってましたが、開発者自身が自負するよう凄く良い出来です^^

アマゾンとかの画像でも感じていましたが、あの立ちポーズだけでも、どこかで見た事あるでしょう?
そうそう、ファイナルプラスのタイトルバックの立ち姿!
あれがノーマルで出来ているんだものなぁ・・・
ホント、凄い出来栄えです^^;;

2006.12.21.8.jpg

胸像です(核爆
もう満足しちゃった^^;
いや、そんな事言ったら殺されそうなんで(汗)、ありがたくしっかり組み立てます。。。

でもこの地点でメッキなのは耳の中、肩の付け根、腹ビーム(付いてないけど・汗)だけだと言う事実・・・
posted by シンたろー at 12:00 | Comment(6) | その他 | 更新情報をチェックする

2006年12月28日

冬休みの工作のススメ

と言うわけで、先週末から非常にアクセス人数が多くなってます^^;
カウンターも回ってるんですが、根本的に来ている人が増えている。
ストフリの影響かな?とも思ったのですが、冬休みの影響なんですね^^;

以前書いたもので、一回引っ込めたのですが、ネタがないのでとりあえず公開って事でお許しを^^;

まぁ、ストフリも発売された事ですし、若い方もカッコよく作りたいですよねぇ^^
なので、初めてプラモ作る方へ、カッコよく作る秘訣、作業の練習法について触れて行こうと思います。
かつての記事との重複もありますが、基本についてまたちょっとだけ連載しようと思います。
(忙しいので、連載が途中で止まる可能性もあります^^;そん時はお許しを^^;;)

僕程度のレベルで人に教える、と言うのも『自惚れるな!!』って話なのですが(汗)、何もしないのも、まるで語らないでいるのも、こんな僕でも慕ってくれている方に申し訳ないかな?と思いまして。

なので、今僕が知っている範囲で書いて行きたいと思います。
言ってみれば、『初心者への模型の勧め〜06版〜』と言う感じでしょうか?^^


<<僕よりも上級者の方にはまるで何のメリットも無い話なんで、そういう方はスルーしてください^^;;>>


うちに遊びに来ていただいている方で、模型を始めたばかり・・・と言う方も、もしかしたらたくさんいらっしゃるのかもしれませんし、ね。



さて、そもそもの話。

模型はお金がかかって敷居が高いと感じている人へ。

これに対する僕の見解は、正直『時間をお金で買ってます(!!!←問題発言?汗)』。

あれば便利・・・。

そういう道具を購入して、少しでも楽をしよう、短い時間で完成させようと言う魂胆です。
あくまでも道具は道具。あれば便利、なければ工夫したり、その分手間暇かけて手を入れれば良いわけです。

なので、『模型を作るうえで』最低限工作道具を絞ると僕はこうなります。

2006.12.19 2.jpg

ヤスリ・ニッパー、デザインナイフ。
この3つ。

これで、一応最低限の作業はできます。
2000円ちょっとはみ出るくらいかな?
ニッパーは高い物が・・・と言いたいところですが、手間かける時間があるなら500円程度の物でも良いかも知れません。(100円ショップも可)
この道具はまさに時間を意識する上でわかりやすい道具だと思いますね。
(切り口が違うので、処理の時間に差が出る)

ヤスリに関してはそれほど高い物でもないのですが(300円程度?)、若い方たちには高い物かもしれません。(コレクションシリーズ買えますし、ね^^;)
それなら、改造・改修しなければ最低400番があれば僕は良いです。
これで試してみて、完成した時に傷が気になるなら600番かな?

あれば便利な物。

もちろんなくても良いのですが、あると非常に作業が楽になる物。

2006.12.19 4.jpg

ウェットティッシュとヤスリほうだい。
両方とも、僕が凄く憧れてた方が紹介していた道具です^^
流石に超上級者の方が紹介しているだけあって、コレはホント便利です!
値段的にはちょっとかかりますが、あるとひとつの作業が早くなる上に、快適に模型ができるのでお勧めです。

ウェットティッシュはうちではトップバリュー製。
100円ショップのは薄くて使えませんでした(汗←最近は改良されているかもしれませんが

なので、それを経験したあとでは、ケチらず多少お金かけてます^^;
中身だけ入れ替えられる『詰め替え用』があるので、容器が壊れるまでは中身だけ替えてます。

と言っても、トップバリューである必要は全然ありませんが(爆←でも安そうじゃない・・・^^;

ヤスリほうだいは、要するにヤスリの当て木ですね。
シャーペンの芯のケースに代表されるように、平らなものなら何でも良いのですが、ペタッチと言う両面テープの弾力がヤスリの食い付きを良くしている様な気がします。
ペタッチが無いと、ヤスリを当てても硬いんですよね^^;
(ちなみに精度はこちらの方が出るようです。弾力分、ぶれるから?)

と言うわけで、総額・・・3000円以上しちゃうなぁ・・・

ま、上の物が最低限。下のものはお金が出来たら・・・で良いのでは無いでしょうかね?

ウェットティッシュは家族を騙して購入しましょう(核爆←言い方にかなり問題が^^;;


さて、道具を用意したら今度はキットを用意します。

さて、ここでちょっと考えて欲しいです。
あなたが模型を始めようと思ったきっかけは何ですか?
ネットを回って飛びっきりカッコ良く改修された模型を見た影響ではじめようと思いましたか?
ネットじゃなくて雑誌でした?

まぁ、人それぞれ理由があるとは思うのですが、一番多いと思われる、大改修の作品を見た、それを作ってみたい!と言う理由が多いんじゃないかなぁ?と思ったり。

でもね、そういう『凄い完成品』って簡単には作れないわけです^^;

初めてボールを投げた時のことを覚えていますか?
初めてボールを持って投げた時は、まっすぐ投げられませんでしたよね?
(中には投げられる天才もいるとは思うのですが)
でも、何度か投げてるうちに、思うように投げられるようになりますよね?
他のスポーツも同様。

そして、運動とまるで関係の無い模型でも、まったく同じ事が言えると思うわけです。

いきなり改造しても、満足のいく完成度(達成感とやりきった感じは残ると思いますけど^^)に仕上げられる人はごく少数。


まぁ、・・・そういう人はうちには来てないと思います(核爆


で、うまくなる為には?と聞かれれば、僕はこう答えます。
『完成させること。経験を積むこと』
それにつきます。
遠そうに見えて、完成品を作ることが一番の上達への早道・近道だと思います。

それを踏まえたうえで、キットは何を選ぶのか??

ホントは何でも良いんだけど・・・、最近の若い人は楽したがるでしょ?
近道したがるでしょ?
そんなに近い道って無いんだけど、無い知恵絞って考えました。

今回のお題は・・・

2006.12.19 1.jpg

HGUCジムです。

あ!!そこ!!いま馬鹿にしたでしょう???(爆

これには立派な理由があるんですよ^^

まず・・・、

1.パーツ数が少ないこと!ランナー2枚!組むのも処理するパーツも最少!

SEEDのMSと違い、ファーストのMSは最小限の記号で構成されているのでシンプル=パーツ数・面の数が圧倒的に少ないと言う利点があります。
パーツが少ない、表面積が少ない=『最小限の手間で完成まで導ける』という事に他なりません!!

2.連邦のMSなので直線・平面が多い!=ガンダムシリーズのスタンダードなガンダムを組むのに必要な技術を全て取得できる!

ガンダムはSEEDのような平成ガンダムズを除き、結構直線で構成された機体が多いです。(多い、ってだけよ)
ジムは元々ガンダムの量産機、と言う位置づけなので、ガンダムの記号を簡素化したデザインなので、ガンダムとほぼ同等のデザインと言うわけ。

ジムを量産すれば、パーツの細かく分割されたガンダムを完成させるより効率よくノウハウを蓄積できるわけです。

3.値段が安い!

パーツ数が少ないと言うのが値段にも繁栄されてます^^
HGシリーズ最安値、出来は普及点以上。
しかも今ならDVD付き!
何の不満が?(笑
まずは、このMSが嫌いでもこのMSを作るのが上手くなる近道だと思いますよ^^

4.パーツの構成が一時期の主流HGと同じである事。

最近こそ、進化をし始めて若干変わりつつありますが、03〜05年にリリースされたSEEDHGやHGUCの基本のほとんどが採用しているパーツ割を体験できます。
つまりジムで要求される作業が出来れば、他のSEED等のHGキットでの作業はマスターで来ちゃうわけ(本体に限りますが)。
SEEDは後は背負い物が変わるだけなので。

これって凄い事ではないですか?

4つも理由があってまだ不満ですか?
そりゃ、目茶目茶カッコ良いわけではないですよ?
でも、カッコいいガンダムを作る為に、とても肩の力を抜いて(!)練習して、経験を積むには格好の材料だと思います。
失敗してもショックが少ないし。(ジムの扱い悪くない?笑)

で、組んでみた。

2006.12.19 3.jpg


テレビ見ながら(Qさま)ほぼ1時間。
最速^^;
やはり、このMS、侮れない^^;;
しかも、各部のデザイン記号は全部ガンダムである。

どうでしょう?
あなたも是非明日模型店に行ってみては?
まだまだたくさん売れ残っていると思いますよ?^^

『僕はストフリが作りたいんだよぉぅ〜!!!』

と言う声も聞こえてきますが(笑)、それはまぁ、あくまでも個人の自由です^^;
『どうしたら上手くなりますか?』と聞かれた際の、僕の解答例と言う事で宜しくお願いしますm(_ _;)m

続きは・・・また近いうちに^^;;
posted by シンたろー at 00:00 | Comment(3) | その他 | 更新情報をチェックする

2006年12月30日

ストフリの感想

話は前後しますが、色々な仕掛けをしているので所々話にあれ?と言うところがあってもお許しを^^;;
そもそも、昨日の記事の「Qさま」って・・・いつのだよっ!?^^;
(たまたま昨日は放送がありましたね・笑)

すっかり途中だったのですが、ストフリ。

言いたいことはキットの出来以外の部分でたくさんありますが、モデラーに一番大事な肝心の部分は、最高傑作と言っても良いほどの出来栄えです^^

2006.12.28 3.jpg

文句つけようがないです^^;
本当にカッコイイ。
プロポーションに関しては、本当に僕の好きな『ど』ストライクと言う所でしょうか。
フリーダムでは手を入れられた部分が、プロポーションに関しては全然無い・・・(汗

各部の形状は好みがあるでしょうし、手を加えたい方もいらっしゃるでしょうけど、重田さんが監修しているだけあって、僕はあまり注文はないですね^^;
(組む前はここは?と言うところも、組んでみると意外と大して気にならないと言う・・・)
弱冠、上半身のボリュームに対して下半身が弱い気もしますが・・・どうでしょうねぇ?
でも、改修するとしたら、相当の覚悟が必要な気がします^^

かなり高レベルでまとめられていて、例えば足を伸ばしたりしても(好みはあるんでしょうが)持ち合わせたバランスが崩れてしまいそうな程、高次元でまとまってる、と言う印象でした。

羽の伸びるギミックや腰のレールガンのギミックは流石!の一言^^

ただ・・・、羽根の連動ギミックは・・・正直要ります?(核爆
あっても文句はつけようがありませんが・・・、個人的な感覚としては羽根くらい自分で開けるよ・・・とも思ったり。
まぁ、『誰が開いても』同じようにカッコ良くバランス良く羽根が開くと言う部分に価値はあるかとは思いますが・・・、それはフォローしすぎの気もしますけどね。

まぁ、その部分はおいて置いて、僕が個人的に昔から感じてる部分ですが、MGのギミックはもはや『からくり時計か?』と思うほど凄い仕組みを上手く簡素化してて、『そういう知識』がある人でないと出ない発想に非常に感心します。
しかも、それを上手いこと設計しているし^^;;

個人では踏み込めない、自作は相当の技術力のある方誌か出来ない領域のギミックを詰め込んでくれるのは正直助かりますし、感謝するより他ありません^^
強度も個人で作るよりは遥かに出るし。
(可動しすぎて立たせるのにも気を使う、と言うのはあまり好きじゃないんですけど^^;)

と言うわけで、僕のストフリの印象は最高。
これで、Ver.kaシリーズと同様、『文句なし!シリーズ』に一作品加わったのでした^^

・・・まぁ、でも重田さんに監修してもらっているとはいえ、HGのキットでもバンダイさんなら実現できたでしょうに・・・。
フリーダムの文句なしの模型を手に入れるのに、4年かかりましたねぇ・・・(笑
逆に、絶対欲しいMG、と言うのが特になくなっちゃいましたけど^^;;
(出たら作りたい、と言うのはありますけど)


ちなみに、このMGストフリを組んでいて、以前組んだフリーダムを凄く思い出しました^^
この大きさも、なかなか手ごろで良いなぁ・・・と思ったり。
逆にHGを見ると、小さく感じてやりづらく思うのも不思議なものですね^^;

この、感覚のおかげで、ちょっと寄り道を始めました^^;
キットはMG!
そしてそのキットとは・・・?
また明日公開って事で^^

あ、意外に進んでいますよ、ここからどう持っていくか、と言うプランが無いので手が止まりそうですが^^;;
久々のMG,意外と楽しんでいます^^
この勢いで、ストフリまで・・・(来年はMG年??^^;

posted by シンたろー at 12:00 | Comment(2) | その他 | 更新情報をチェックする

2007年01月04日

新年明けましておめでとうございますm(_ _;)m

新年も明けて4日目。
遅くなりましたが、新年明けましておめでとうございますm(_ _;)m
世の中では今日から仕事始めの方もいらっしゃるかと思いますが、僕はというと、ようやく1段落・・・といった所でしょうか^^;;

まだまだ開放されたー!と言えるほどではないのですが、こうしてブログを書く時間と心のゆとりが帰ってきたのは間違いありません^^

と言う訳で、当然まるっきり模型なんてしていませんが(汗)、正月気分を少しずつ感じながら、作業再開していけたらなぁ・・・と思います^^;

予定よりも全然忙しかった為、御挨拶にすらいけてませんでしたので、これからゆっくり御挨拶に伺おうと思います^^

さて、去年は結局15個の完成品を残す結果となりました。
当初の予定は12個(月1ペース)だったので、予定を上回る結果ですね^^

内容は・・・うーん、ちょっと迷宮入りしてた気もしますねぇ^^;
いまだ、結論は出ませんが、やってみたい事、やってみたい作例、技法が出てきましたので、出来る範囲で取り込んで自分の血肉にしたいな、と・・・去年も思ったのですが、なってるのかどうかは怪しいもんです(笑

まぁ、楽しく、ね!
これが一番大事かも^^

目標はやっぱり今年も月1ペースが守れたら・・・嬉しいなぁ〜^^;

と言う訳で、今年も宜しくお願いいたしますm(_ _;)m



そういえば、、、

シャア専用ブログさんちの更新が終わってしまいました(涙
ここに代わる情報系のサイト、御存知の方いますでしょうか?
複数でも構わないので、『こんなところあるよー!』と言う方はコメントか、メールで教えてくださると助かりますm(_ _;)m
posted by シンたろー at 16:41 | Comment(3) | その他 | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

余興。

今日はホントはF91なのですが、作業途中なので急遽ジンの出番です^^;

このジン、結構前から弄っているのですが、完成する気配は一向にありません^^;
まぁ、たまに気が向いた時にチマチマデティールを入れてたりするのです。
たまにやるのが面白くって。。。

2007.1.10.2.jpg

他の物で試したいモールドの練習台・・・ってわけでもないのですが(汗)、今まで試した物から、これから試したいものまでアレコレ。。。
(と言うほどは進んでいませんが^^;)

モノがジンなだけに、気軽に結構やりたい様にやれるのも楽しい^^

本体自体はハイマニューバと2型が混じってたりしますが、2型のカスタム機って感じで仕上げたいですね。

普段はテレビの上等に立たせてあるのですが(←工作中のモノを見えるところに置くタイプ)、ふっとした拍子に惚れ直して手を入れて戻す・・・を繰り返してます^^;

たまに会う良い遊び相手、って感じでしょうか^^;;

そんなことしているから、モロモロ遅くなるのも承知しているのですが・・・、そういう付き合いも楽しいから仕方がないですよね?(笑

そういうお友達?が僕の場合たくさんいます^^;;(←もっと絞って作業しろって!!^^;
posted by シンたろー at 14:31 | Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2007年02月03日

特に進展なし^^;

いや、せっかく復帰しました!と御報告したのですが、アップできるような要素もなく・・・^^;;

気が付けば、もう2月。
完成品ギャラリーを見てみると・・・もうじき2ヶ月も何も完成品をアップしていないと言う事に!!^^;;;
こりゃ、まずい(汗

しかしながら、さらにお詫び(核爆

今週中に・・・!!と言ってましたが、諸事情により(連休を呑んだくれた結果・・・爆)来週・・・って事でお願いします^^;;
多分、来週ならば・・・(汗

まぁ、モノがモノだけに、あまり期待するほどのデキでもない訳ですし、期待もされてないモノですでしょうから、扱いもそれなりって事で^^;

ちなみに、数えて気づきましたがバクゥ=48、ジム=49体目の僕のネットでの活動公開作品になります(驚

縁起の良い区切りの50体目はストライクを予定。
若干フレームだけとか塗ったりしているのですが、ストライクもやりたい、ストフリもやりたい、ゲイザーもやりたい・・・、レッドフレームもやりたいと・・・もうやりたい事だらけで作業がまとまりません(核爆

なので、どれも結果的にはあまり進んでなかったり^^;

ちゃんと進んだら進んだ成果はアップしていきますので、お許しいただけたら幸いですm(_ _;)m

とりあえず・・・今月の新製品が出てくる頃までにはそれなりに作業が安定して来れば良いな、と^^;
posted by シンたろー at 12:12 | Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする

2007年02月10日

シビリアーン・・・

さてさて、久々の更新申し訳ございませんm(_ _;)m

昨日、個人的に注目していたシビリアンアストレイを入手!
なんとHG人型初のPCレス仕様。
見ないわけには行かないじゃないですか!(ABS関節で使えそうなものがあるかもしれないし・爆)

と言う訳で、キット概要。

2007.2.10.1.jpg

パッケージ!カッコイイ!

2007.2.10.2.jpg

2007.2.10.4.jpg

オールプラ&ABS。
ホントにPCがありません!!
注目はクリアパーツの多さ。
ボワチュールリュミエール〈あってる?汗)の原型になったと言う推進器はクリアパーツ仕様だったのです!

まぁ、まずは組んでみましょう。

2007.2.10.6.jpg

2007.2.10.8.jpg

こんな感じ。
各部、デティールが小気味良く入っていて、出来は良いですね。
感心するくらい。
特に特筆すべきは脚部!!!
一部塗りわけは必要ですが、完全に塗ってから組めます!
後ハメとかいらない〈たぶん〉。
スゲェ・・・!!!

ただ、ダブルジョイントの使い方には疑問が。
特に期待していた股関節のダブルジョイント。
軸が短すぎですね。色々試してみましたが確かに前後には動きますが、股開きにはあまり対応できず。
また、ハの字開きもあまりできず。
つまりは今までのHGと同じ程度の可動範囲と思っていただければわかりやすいかと。

これでは何のためにダブルジョイントを採用したのか、わからないじゃないか!!!

プロポーション的にも完成見本が出てたときから気になってましたが、股間軸が短いので弱そうですし、改修しようにも負荷のかかる部分ですから辛いですね。
肩の方も、イマイチ可動範囲拡大に効いてないような気もします。

PCレスの最大のメリットは、関節をキットごとに新設計できるところにあると思うんですよ。
PCの時は共用している為〈あまり新設計されませんよね、HGの場合〉、関節の大きさ、使う形が決まってしまっていました。
だからこそ、毎度新製品のたびに、キャラクターに合わせて、しかも関節自体の大きさを自由に調整できるABSの存在は、モデラーとしても確かにありがたいのですが・・・。

さらに大問題。。。!!!!

『ゆるい!!!!!』

個体差があるのか、初回出荷分がゆるかったのか。
とりあえず、僕のは緩々です〈汗←kazさんのはどう??

せめて、同じPCレスでもMGF91やクロボン、HGでもバクゥほどの硬さがあればまだ許せるのですが、今回僕の手元にあるシビリアンは・・・『我慢ならん!!(byアグニス・核爆』
バンダイさんの調整も多分、コンマ何ミリ・・・と言う世界なのでしょうが、今回のはちょっとダメです^^;;
やるなら関節全部一新したいんですが、そんな労力をシビリアンにかける気もなく・・・^^;〈塗れば多少は硬くなるでしょうが、一時しのぎにしかならないですよねぇ・・・)


ちなみに、各部、しっかりターンデルタを意識したパーツわけ。
と言うより、むしろターンデルタからシビリアンを逆算してデザインしたのかな?
どっちが先か、と言う話でもないでしょうが、最初から計算に入ったデザイン、と言う事ですね。
早々に出てくると良いなぁ〜・・・〈←ターンデルタのデザインが相当気に入ったらしい^^;
・・・ターンデルタが出るときにはこの問題は解決しておいて欲しいですが・・・さて・・・。

ちなみに、シビリアーンは・・・そのときのためのスペアパーツとして箱にしまって寝かせましたとさ・・・^^;

と言う訳で、カテゴリーは作りません〈核爆

各部の出来が悪くないだけに〈むしろ良い〉、ダブルジョイントの肩と股が・・・もったいない・・・
新製品でここまでこき下ろすのも珍しいですが、あくまでも個人的な感想ですので、お手にとって各自御確認下さいm(_ _;)m

これからのスタンダードになる・・・かもしれませんし^^;
posted by シンたろー at 12:18 | Comment(0) | その他 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。