2006年06月28日

はじめに・・・

と言うわけで、今回は小企画!
ノワール発売を祝って、『ノワールを使って(簡単に)ストライクを作ろう!』企画!
誰でもチョット頑張ればストライクを作れる!を目標に頑張ってみたいと思います。
(注:ちょっと趣旨が変わってきてます・・・2006年12月記)

ちなみに、第一回は『ストライクダガーを(簡単に)作ろう!』でした。(今見るとピンボケの嵐でお恥ずかしいですが^^;)
今回は第2弾。コンセプトはそのままにお送りします。

少しでも、製作の参考やヒント、やる気になれば、幸いです。

posted by シンたろー at 00:00 | Comment(0) | ストライクを作ろう(完 | 更新情報をチェックする

初日・・・

と言うわけで、唐突に始まりました。

まず、初日は工作内容のメドを立てる為、観察することから(←既にヌルイ^^;;

2006.12.18.3.jpg

まぁ、いきなり昨日の画像ですが^^;
ちなみに、これでほぼ完成・・・って言ったら怒る?(汗
でも、上のでも結構僕的にはアリだと思うのですが・・・
ま、おいおい進めていきましょう。


さて、大きく違う箇所をあげてみましょう。


『ノワールとストライクの違い』

1.顔が違う(ホホダクトの形状も)。

2.肩のモールドがある。

3.胴の形状

4.腰サイドアーマーの形状

5.前腕のデザインと2の腕。

6.ひざ前面の形状と、スネの形状。

7.足首アーマーの形状。


と言ったところでしょうか。

さて、一番の大きな差は、前腕と頭部・ひざですね。
ストライクも、MG・PGを経て、だいぶ色々アレンジされましたので、
多少のモールドは考え方によっては情報量が増してアリだと思うのですが(考え柔らか過ぎ?)
それだと『ちがーうっ!』と思う方もいらっしゃると思いますので(笑)、
かなりプレーンな状態を目指すことにしましょう^^;;

・・・なんか完成したら物足りなそうな気もしますが^^;
(モールド足しているのに慣れてるからなぁ〜^^;)

そして、今回のストライカーパックはIWSPを選択。
実際取り付けてみた。

2006.12.18.4.jpg

はまんねぇ〜(爆
上の写真で、上部と下部が離れているのがわかると思います。

(訂正:ハマルそうです汗)
チョット長さが足りないのね・・・。
解消法は、スペーサーを入れることになるでしょう。
HJでは普通にハマっているように見えますが・・・僕のがおかしいのか?
さらには、肩に当たる部分のマシンガンが肩に干渉して、胸張りポーズがとれなくなってます。
とりあえず保留。本体優先で。

さて、まずは頭部から行きましょうか。
頭部は、ストライクから持ってくれば楽勝!と思ってましたが・・・・

2006.12.18.5.jpg

想定外なことに、頭部の大きさが違う!
一回り小さくなってます!
模型誌では気づきませんでしたが、これはビックリ。
小さくするのは困難なので、ノワールのヘルメットを流用することにしましょう。
胴体とのバランスもかなり良好ですし。
フェイスは作るのが大変なので、ストライクを削り込んで使用。
その際、フェイスの大きさのせいで前後幅が足りないので、前後には延長します。

結果、一番上の画像になるわけです。(挟んだだけですけど)
ツノは、エポパテムニュで固定できるでしょうし。
とりあえず、頭部のメドはこれで立ちましたね(楽観的^^;)

2006.12.18.5.5.jpg

いきなり話は飛びますが、すね、下の部分はスリムで非常にMGチックなラインなので、
使うことにします。うえの写真のように、ナイフの刃の部分で簡単に切り離せます。

と、ここで、時間切れ。続きはまた明日ってことで(汗
こんな感じでスローペースで行きますので、見ている方は一緒に頑張りましょう^^;

そうそう、ルージュは面倒だったので組んでいないのですが、実際に並べたほうが
デザイン・バランスの違いが良くわかるのです・・・それはお手持ちのHJで・・・ってダメ?^^;
誰か、ルージュ(ストライク)の素組み写真を送ってくれると嬉しいなぁ〜・・・みたいな(笑
昨日の今日の工作のノワールとアングルを合わせてくれるとわかりやすいんですが・・・

ま、いいか^^;(←ゆるい^^;
posted by シンたろー at 00:00 | Comment(0) | ストライクを作ろう(完 | 更新情報をチェックする

2006年06月30日

2日目・・・

さて、呼びかけたら親切にもkazさんが画像を送ってくださいました。
ここ、見ていてくれて、嬉しいです(涙

じゃ、HGストライクの画像です。

2006.12.18.6.jpg

2機とも並べてくれたのも。

2006.12.18.7.jpg

身長は変わらず。ひざ関節の位置もそんなに変わらない。
こうしてみると不思議なバランスの変化ですねぇ。
そう、結構違いますね(涙
チョットこの企画、失敗したなぁ〜と反省してます・・・^^;

さて、昨日違いを認識したので、早速作業です。

2006.12.18.8.jpg

おぉ、わかりずらい^^;

じゃ、説明。まず右上。
ホホダクトの形状が違うので、頬当てにとりあえずエポパテを盛っておきました。
削り込みでも対処できそうだったんですが、一応、先々を考えて盛っておいたって事で。
エポパテが余ったとは口が裂けてもいえない^^;

フロントアーマーはサイドの形状が若干えぐれているのと、面が一個多いので
削り込んでストライク風にします。
で、穴開くと面倒なので、パテにて裏打ち。これで、削っても穴が開かないわけです。

その下のすね前面も同様。
一段多くなって、且つ穴が開いているんで削り込みでストライクにすることに。
このとき、すねフレーム側にダボがあるんですねフレームにメンタム塗って、
『ムニュ』するのをお忘れなく^^
後ではまらなくなって削るの面倒でしょ?

腕は・・・2の腕、若干(数ミリ単位ですが)ノワールの方が細いようです。
ノワールを使うと2の腕のモールドを削り取らねばなりません。
ストライクを使えば、何の問題も無い。(若干太いけど)

『2の腕ー関節ー前腕』セットでストライク、と言うのが一番楽です。
『ノワールーノワールーSの前腕』だと、ノワールの関節が若干引っかかるので
多少関節に削りこみが必要なようです。

どっちを選択するかはお任せします。楽なのはストライク(重要)

ま、チョット中級編ってことで、今回はノワールーノワールーストライクで行きます。(今決めた^^;)
それはまた明日・・・。

とりあえずは肩のモールドを埋めときます。

2006.12.18.9.jpg

さて、胸。
てっきり全然変わらないのか?と思ってたんですが、全然違うじゃん^^;
しょうがないので(え?)、胸のフレームを上の写真の位置で切り取ります。
また、胸側には該当箇所のフレームが挟まる部分をパテで埋めときます。
まぁ、形状はこれから出すんで、ザックリでも良いと思います。
穴を埋めるだけなんで・・・・

と言うわけで、今日はここまで。
意外と短いのは色々やってたからです^^;
K1だったしね(笑

なんのことか?K1と僕と完成品と言う話題を今度ブログで取り上げましょう^^;
では、また明日!

(追記)

IWSPはしっかりはまるようです。
胸張りはチョット厳しいけど。
良く検証もせず、申し訳ないですm(_ _;)m
posted by シンたろー at 00:00 | Comment(0) | ストライクを作ろう(完 | 更新情報をチェックする

2006年07月01日

3日目・・・

さて、そろそろスピードアップしなきゃ、ってことで。
いや、特別期間を設けているわけではないのですが、
鉄は早いうちに打て!な人なので^^;

2006.12.18.10.jpg

さて、フロントアーマーと足首アーマーの話。

フロントアーマーですが、形状が違いますよね?
ただ、ダクトの解釈が違うような気もします。
ストライクはふんどしにダクト。
ノワールはアーマーにダクト。
今回はお手軽だし、ボール接続ですからノワールの解釈を利用することに。
取り付けもそのまんまですし、ね。

それと、ノワールのふんどしの上部の形状が三角なので、頂点を削りこみで対処。

足首アーマーは、ノワールの出っ張り部分を削る方向で。
一見難しそうですが、デザインナイフで徐々におおまかに削り、
残りは画像右のような棒状の角ヤスリで削ると楽です。

棒ヤスリは、ハセガワトライツールより。
結構なお値段ですが、10本近く色々な形状のものがセットされているので
結構使えます。

と言っても、使い方を覚えたのは『今』ですが^^;
(↑道具を買うと満足してしまう人^^;;)
ちゃんと、使わないと・・・ね?^^;

2006.12.18.11.jpg

デザインナイフはこんな感じまで。
残りは角ヤスリで。
完成品は左。
取り付け部位のアーマー形状は違うので、後ほど変更しましょう。

2006.12.18.12.jpg

2の腕。ノワールを使うと決めたので後ろ側のモールドを削り込み。
後ろ側を240番などの粗めのヤスリで削り取り。
横は、デザインナイフで大まかに削り、同じく紙やすりで仕上げると簡単、綺麗かな?

ここら辺の作業は、『結果が良ければどういう手段でも構いません』ので、
各自、やりやすい方法で頑張ってみてくださいね。

2006.12.18.19.jpg

昨日の胸周りの整形、これは検討中のものなのでまた明日。
足首上部も明日、ね。

どうでしょう?だいぶストライクでしょ?ここまで来たらもう完成?
いや、一番の問題はひざなんですよね・・・。
ここがまた問題。。。

それと、ぐっちさんからも画像を頂きました^^

2006.12.18.20.jpg

これ、完成形です^^
どうでしょう?

完成近そうじゃないですか?(まだまだ^^;
バランスの違い、良くわかると思います^^

じゃ、また明日!
posted by シンたろー at 00:00 | Comment(0) | ストライクを作ろう(完 | 更新情報をチェックする

2006年07月03日

4日目・・・

さて、再開です。ちょっと少なめなのは申し訳ないですが^^;

2006.12.18.21.jpg

こんな感じで、凹モールドを削り込み。
前面に凹モールドを掘り込み。
これでストライクっぽくなるでしょう。

胸周りは保留。もうちょっと思案時間下さい^^;
まぁ、あれでも良いような気がするんですが・・・

2006.12.18.22.jpg

ようやくIWSPをくっつけてみました。
が!
肩周りが干渉して全然胸が張れません^^;
これ、どうしたもんか・・・。
上の写真は結構首周りの砲身後半部分を削り込んでいますが、それでもこんなもん・・・。
とりえず・・・
そろそろ表面処理しておく?^^;

そういえば、肩のポッチが無いですね^^;
どうしましょう?あったほうがストライクっぽいですか??
僕自身、全然気づいていなかったのですが・・・^^;;

大したもんでもないしなしでも個人的には良いと思います。
つけるとすると・・・結構苦労しますよ?
『手軽に・・・』のコンセプトからは離れてしまうような・・・

posted by シンたろー at 00:00 | Comment(0) | ストライクを作ろう(完 | 更新情報をチェックする

2006年07月05日

5日目・・・

2006.12.18.23.jpg

さて、前腕ですが、『ノワールの2の腕ーノワール関節』を
使用すると実は曲がりません。
なので、関節周りを削ってやることに。

上から2番目のパーツのちょっと黒い部分。
あそこを削ってやり(パーツ肉厚分位。それ以上やると関節露出が多くなります)
また、関節カバーを削りこみ。
一気にやろうとせず、少しずつ『削り⇔はめて可動確認』を繰り返します。
そうすると、通常のHGクラスの可動は確保できます。

2006.12.18.24.jpg

で、足の方はもうね、これはちょっと敷居が高いかも^^;
諦めて、プラ板で新造若しくは画像のようにエポパテで作るといった作業が必要です。
若しくはHGストライクを使用する、と言う手もありますが、
その場合、足首関節まではストライクのものを使用します。

・・・それでも良いかも^^;

ってか、それを推奨します^^;

と言うわけで、後は頭か・・・。

それもそんなに難しくないので、是非、皆さんもチャレンジしてくださいね^^

で、僕は更なる深みへと入って行きます。
なので、『簡単に作ろう!』はここまで。

引き続き、このページでお送りします。
posted by シンたろー at 00:00 | Comment(0) | ストライクを作ろう(完 | 更新情報をチェックする

2006年07月10日

更に戦いは続く・・・


久々の更新ですね^^;
えぇ、ホントはチマチマ進めているんですけど、実はデジカメを探してて^^;
まぁ、かばんの奥深くに隠れてた、ってオチなんですが(滝汗

2006.12.18.25.jpg


頭部です。
結構気を使ってます^^;
で、ストライクのフェイスを使用する場合はヘルメットが小さいので、
幅ましです。
前後の幅ましならば、大きさ的にあまり気になりません。

プラ板が簡単だとは思うのですが、若干楔上にする為に(好みです)、
エポパテで整形しています。

頬当ては若干下部を削ってます。
後はアンテナさえつけば、ストライクっぽく見えるでしょう。

・・・ってか、ストライクですよねぇ^^;

posted by シンたろー at 00:00 | Comment(0) | ストライクを作ろう(完 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。