2007年07月08日

東方見聞録。

まるこぽーろは東方見聞録の中で日本の事を『黄金の国ジパング』と紹介したそうな。(合ってる?←超不安な世界史^^;←高校では地理専攻の為勉強してません・汗

いや、ほら、歴史って読み解くと面白いけど、明日にでも何かか地中から掘り起こされたら今まで覚えた事が全部ひっくり返っちゃうじゃないですか^^;
そういうのが嫌いでねぇ〜(核爆

逆に趣味としてやる分には面白いと思います。
そういう今までの常識=価値観が崩れる瞬間も楽しい、と思えるだけのゆとりがありますからね。
でも受験生にとっては笑えない話で(笑
そう思って選んだ地理ですが、あれから15年以上たった今、温暖化による異常気象で覚えた地理的環境も随分変わっているっぽい^^;;

何事も不変のものなんてないんでしょうね^^;

・・・思いっきり話がそれましたが、受験生は頑張ってね!って事で(核爆
まぁ・・・、そもそも受験生はここを見てない気もしますが^^;;


さて、黄金の話から随分外れましたが、これからしばらくはコイツの話題で!

2007.7.8.1.jpg

アカツキ!しかもデカイの!!

しばらくはこいつで遊びます!

で、なぜアカツキなのか?

・・・じつは・・・、、、

ノワールが欲しかったの・・・。
でも、MGストライクを積んでるの・・・。
ノワールはほとんどストライクのフレームを使っているから・・・同じようなものを何個も作るのも・・・
と思うと、手が出ないのです。
しかも買ったのはノワールの発表直前。

ノワールの箱を見かけるたびに悔しくて・・・。(←そこまで思うなら買えよ^^;

そんなときに見かけた記事が・・・

そう、あのMG誌!

ジックリ眺めて眺めて、出来るか?出来そうか!?
考える日々。。。
(実のところ、MGとのニコイチって言うのをやった事がない・汗)


在庫のストライクをしばし眺めて・・・、

『やるか!』

って事で、急いでアカツキを購入。
それが上の写真なんだなぁ〜。。。

と言うわけで、しばらくは

『MGストライクを上手く使って、アカツキに組み込もう!』

をお楽しみ下さい(爆←企画続き?

今回は完成するかどうかは保証しません(爆
posted by シンたろー at 13:50 | Comment(0) | 黄金の風(凍結中 | 更新情報をチェックする

2007年07月09日

ゴールドクロスを剥げ!(笑

さてさて、ネタバラシを先にしておくと、実のところ『工作は』終了しています(核爆
ホントは会場で何の予告もなく一緒に展示しようと思ったんですよね。

でも最近更新出来ていないのに、足を運んでくれる方々が沢山いるので申し訳なくって公開する次第であります。
ホント、いつも御覧になってくださってありがとうございますm(_ _;)m


で、結論から言うと、『MG誌のアカツキ×MGストライク』の工作は思っている以上に簡単に出来ます!!
難易度的には『☆☆☆』くらいでしょうか?
今まで僕同様MGの『ニコイチ』なんてやったことないよ!!
って方に非常にオススメです^^

と言う訳で、是非『夏休みの工作』にでも如何でしょう?
少しでもわかりやすく、手を動かしたくなるよう進めていけるよう頑張ります^^

----------------------------------------------

『第1話 ゴールドクロスを剥げっ!』

難易度 ☆☆
勇気  ☆☆☆☆
度胸  ☆☆☆☆ (勇気も度胸も同じような気が・・・^^;
覚悟  ☆☆☆☆☆(←大事・笑。僕と一緒に戦おう!爆

必要な道具

ニッパー
プラモ用シンナー
100円ショップで売っているようなプラスチック容器等々
ティッシュ
マスク


では行ってみましょう!

2007.5.5.1.jpg

美しいメッキ仕上げ。。。
この状態が一番輝いているのではないか?とも思いますが(超滝汗)、そこはそれ。
今回のネタはMG誌にも作例が出ていたMGストライクとの2個イチ。

ストライクノワールも欲しいし、IWSPも欲しい・・・、ストライクは在庫しているし・・・って事で、何かに使えないものか・・・と考えてたところにアノ作例。
コレはやってみる価値あるんでは?って事で決定したのは昨日述べたとおり^^

なので、寂しいですがメッキのクリアー層を取り除く。

前回のHGアカツキの初メッキ落としでは酷い目にあったのですが、流石に今回は2回目って事で、ちょっと学習効果^^

ちょうど良い大きさの入れ物に(100円ショップで冷や飯入れるような容器とか)シンナーを適度に注ぎ、そこへパーツを投入。

切り離したので、どれがどのパーツかわからなくなりそうですが、まぁ、MGではないので何とかなるでしょう?って事でほとんどのパーツを切り離し投入。

(ランナーで大きく区切って切断し、チャックの付いている袋=100円ショップに最近ありますよね?にシンナーと共に入れて思いっきり振ると言う手もあるそうです)

後々重要になってくるのですが、このクリアーイエローが見た目綺麗に落ちても残っている場合があります。
それが後のメッキ剥がしに効いてくるので、要らない筆等で奥まったところもコシコシやってやると良いと思いますが・・・最悪ヤスレば落ちますんで。
臭いがきついので、無理しない程度に、ね。
ちなみに僕は2回とも綺麗サッパリ落とし・・・たり出来ませんでした^^;

ティッシュでふき取り。

でもここで注意しないといけないのは、『マスクをすること』

コレをしないと、軽く死ねます(核爆
若い方はまだ実感ないかもしれませんが、『体は資本』です!
体壊したら仕事して稼ぐことも、趣味を楽しむ事も、人生を謳歌する事も出来ません!
この趣味は嫌でも吸いますんで、出来るだけ気を使うに越した事はありません^^
若い頃の無茶は10年後に付けが来ますんで注意!(核爆←ちょっと寂しい^^;

で、上がってきたパーツは・・・

2007.5.5.2.jpg

綺麗なシルバーに。

今度はそれを・・・

・・・まぁ、長くなったのでまた明日!^^;
posted by シンたろー at 13:07 | Comment(5) | 黄金の風(凍結中 | 更新情報をチェックする

2007年07月10日

VSシルバーチャリオッツ!

第2話 シルバーチャリオッツを倒せ!

難易度 ☆☆
度胸  ☆☆
勇気
覚悟  ☆ (←昨日の決断に比べれば・・・ねぇ?笑

必要な道具

塩素系漂白剤
中性洗剤(パーツ洗浄用)
100円ショップ等のザル+受け

-------------------------------------------

さて、続きです。
シンナーでクリアー層を落とした後・・・
そこに現れたのはシルバーメッキでした。
まぁ、知っている人は知っていますが、金メッキといってもシルバーメッキの上からクリアーイエローの塗装をしたものがバンダイさんちの金メッキです。
メッキ加工した後に、塗装しているんですね。
この塗装をした状態だとメッキが守られていて、そのまま漂白剤に漬けてもメッキを剥がせない為、クリアー層を溶かして、メッキに漂白剤をつけるという手順になる訳です。

用意するものは、塩素系漂白剤(商品名キッチンブリーチ(ハイターだっけ?汗)等)を水で割った物(比率は適当にしてしまいました。。。)を容器(100円ショップで大きめの入れ物等を購入しておくと便利)に入れ、シルバーメッキのパーツを浸すと・・・

3,4分程度からメッキが剥がれ始め、大体10分もしないうちにほぼ全部のメッキがはがれた状態に。

この過程、結構面白いです(笑
スルスルッといつの間にかに剥がれているんですよね・・・。
いつも見逃しちゃう・・・(汗

で、この時クリアー層がきっちり取れていないとメッキが解けずに残っちゃったりします。
その時は、自分のクリアー落としの未熟さを呪いましょう(核爆
昨日も触れましたが、僕は95%位の確率です(核爆

結果はコレ。

2007.5.6.1.jpg

今回も綺麗に完全に・・とは行きませんでした^^;

まぁ、ちょっと後味悪いけど、ヤスれば完全に落ちるから良いっか・・・って事で^^;

シンナーは当然の事ですが、塩素系漂白剤もプラスチックにはあまり良い影響を与えないので、漂白剤をしっかり水洗い、その後中性洗剤出でも洗ってサッパリしてください。

塩素系漂白剤にも書いてありますが・・・『混ぜるな!危険!』ですので、くれぐれもご注意を。(理科の実験であったっけ?←歳のため忘却・汗)
中性洗剤は『中性』だから大丈夫だと思いますが、一応責任取れませんので、混ぜるな!危険!を合言葉に!(爆←弱腰^^;

さて、そしたら今度はコイツを用意します。

2007.5.6.2.jpg

そう、今回の大きな肝の部分!
MGストライクですね。
組むのに多少時間がかかりましたが、まぁ、あまりパーツも多くなく、意外とスタンダードなフレームだなぁ〜と改めて思ったり^^
ってか、最近のMGがとんでもなくギミック満載なんですよね。
良いことですが^^

この時、時間節約の為、腕は組まなくても良いです!(爆
なぜならば・・・

さ、いよいよ、これからアカツキへの換装をして行こうと思います^^

いよいよ物語は(何時から物語?^^;)アカツキへの道編へ突入!

あ、このストライクを見て、勘の良い方は気づいたかもしれませんが・・・
HGストライクのところで出てきたMGストライクのサイドアーマーは『コレ』のものだったりします(笑
さりげなく出しましたが、こういう繋がりがあったんですねぇ〜。
当サイトの豆知識、でした(爆←全然知識じゃねぇ!汗
posted by シンたろー at 13:36 | Comment(0) | 黄金の風(凍結中 | 更新情報をチェックする

2007年07月12日

アカツキへの道・1

さてさて、一日お休みを頂きましたが今日からまた再開です^^

いよいよメインの作業・・・、アカツキへの換装に手をつけたいと思います!

まずは2体を良く観察。
なるほど、なかなか面白い発見が出来ます。
各部のバランスは相当MGストライクのデータを使っているらしく、ほとんどの寸法が一緒です。
デティールに関してもかなり似た感じに。
バンダイさんが本気になれば、内部フレームがあろうと無かろうと結果見た目同じ結論に持ってこれるんだなぁ〜と改めて感心。

内部フレームの有無は決して悪い事ではなく、やはりユーザーの用途に合わせて使い分ける、と言うのは重要なこと。
MGストフリベースのアカツキ+金メッキだったらもっとお値段も張るでしょうし、パーツ数を考えてもデスティニーから入った初心者には組み立ても大変でしょうし、と言うバンダイさんの気遣いでしょう。
選択出来るのは良いことだ、と言う事で^^

そんなに似ている2体だから、どこをどう使うかがこのニコイチの大事なところ。

MG誌6月号によると、
MGストライクの部品は・・・胴と腰・モモ・足首。
それ以外はアカツキがほとんどです。
スネはどうやらアカツキの物をMGストライクのひざ下に取り付けた模様。
腕に関しては完全にアカツキの物をさしただけ。
頭部も無加工か。。。


なるほど、お手軽で、コレなら僕にも出来そう^^(←ここ重要^^
と言うわけで、早速手を付けていこうかと。

----------------------------------------

第3話 アカツキへの道・その1

今日の難易度 ☆ゼロ!(←修正済

<サイドアーマー>

2007.5.6.3.jpg

早速比較。形状が大きく違うので一概には言えませんが、上下の長さ的にはほぼ一緒の模様。
取り付けてみると・・・アッサリMGのPCに入るじゃない!!!
と言うわけで、ここは無加工でオッケー。

ー終了ー(爆

<腕>

2007.5.6.6.jpg

チェック!
長さ的にストライクのほうが長いのかなぁ?と思いきや・・・実はまるで一緒^^;;
2の腕の太さが違うので、細長く見えるのかもしれません。
正直言えば、肘関節・2の腕はストライクのものを・・・とも思いますが、可動範囲は両方とも変わらないし(!)、逆にアカツキのパーツをストライクモールドにした方が面白いかも?
いや、ぶっちゃけその方が楽だし!(爆

と言うわけで、とりあえずは雑誌案で進めるとしましょう。
ちなみに若干きつめですがMGストライクの腕の軸にそのままはまります(驚異的^^;

ー終了ー(核爆

2007.5.6.7.jpg

それにしても、ここまでバランスが一緒って事は・・・バンダイさん、本気でMGストライクの簡素版としてのHGを作り上げたんですねぇ〜。
凄い^^

まぁ、だからこそ、ストライカーパックの使い回しが可能になっているんで、そこら辺プレイバリューが高くて良いですよね^^
アカツキ+エールや、アカツキ+IWSP(ルージュじゃパワー不足だったし、アカツキなら楽々使いこなせる?)、アカツキ+ノワールストライカー・・・。
逆もまた可。
うーん・・・、奥が深い!(笑

と、感心したところで初日はここまで!
続きはまた明日!
posted by シンたろー at 13:29 | Comment(0) | 黄金の風(凍結中 | 更新情報をチェックする

2007年07月13日

アカツキへの道・2

さて、今日は第4話。
アカツキへの道・その2です。
よくよく考えてみれば、昨日の作業はパーツの見比べだけなので、難易度もあったもんじゃないですよね^^;
後で修正しておきます(直そうと思ってて忘れてた^^;)

今日の難易度 ☆ゼロ!

-----------------------------------------

では、引き続き作業を進めていきます。
今回は頭部から。

<頭部>

2007.5.6.4.jpg

頭部比較。正面より。
大きさ、ほぼ一緒。
若干デザイン的にも小ぶりになっているのかな?
コレがもとのMGストライクの頭部の大きさ問題(大きく感じる)を完全に解決していると思います。

2007.5.6.5.jpg

若干小さいですよね?
これまた、若干PCのサイズの違いはありそうですが、無加工でMGストライクに装着できちゃったりします^^;
動き的にも全然問題なし。

後は顎が首下面に当たるのでその調整は必要ですが、超簡単な加工なので問題ないでしょう。
ちなみに僕の作業では弄る前の状態のまま作業を進めています。

スゲェ!
ほとんど弄っていないのにここまででこうなりました!

2007.5.6.8.jpg

『見えるっ!私にも見える!・・・アカツキが(大核爆』

ほとんどアカツキ・・・に見えるのは元デザインのおかげ?^^;
こんなに簡単に物事が進んで良いのかしらん?^^;;
ちょっと・・・と言うより、かなり楽しいです^^

まぁ、実作業的にはまだ何もしていないわけですが!(大核爆

<胴体>

2007.5.6.9.jpg

アカツキの胴体も見えますが、ストライクと比べてほぼ同じ大きさ。。。
コレは・・・凄い事ですよ!(驚
ストライクとアカツキ、並べてませんが、フレームアリ・無しの違いがわからないくらいのレベルで同じような出来栄えになるんでしょうねぇ〜。
まぁ、そこらへんはぐっちさんに比較してもらう方向で(笑←アカツキの仮組みすらしていない人^^;

アカツキの胴体を使えばもっと楽なのでは?と思ったのですが、良く考えれば、それじゃぁキット組んでるだけじゃん!と言うわけのわからないオチがつく始末^^;

思っていた以上にストライクを使う意味が見出せない程のアカツキのキットの出来栄え・バランス取りに驚き、また雑誌が如何に効果的にストライクを使ったのか思い知りました^^;

やはり、ここは様子見も兼ねて、まずは雑誌作例通りの手順でアカツキ化したいと思います^^



さて、いよいよ明日からはそうそう簡単にはいかない、重労働が待ち構える下半身へと突入です^^;

でも、こういうの、楽しいなぁ〜^^

posted by シンたろー at 13:41 | Comment(2) | 黄金の風(凍結中 | 更新情報をチェックする

2007年07月14日

アカツキへの道・3

いよいよ今日で5日目。
昨日までの山場は『メッキ落とし』でした。
ここを見てやってみようと思ってもらえたり、やる勇気がわいたら嬉しく思います^^

作業はいよいよ問題の脚部へ。。。
ここでは2通り選択があります。
自分の作業レベルに合わせてどっちにするか検討してみてください。
目標はあくまでも『完成!』
過程も大事だけど『今回は完成を目指します』んで、やる皆さんは良く検討の程を^^
(あ、僕が完成を目指すのか、と言うとまた別の話で・・・爆)


難易度 ☆☆☆☆

--------------------------------------------

いよいよ脚部。

作例をジックリ観察すると・・・ひざ下をアカツキ、モモ〜ヒザ・足首をストライク。

で、実際組み合わせてみると、関節幅とすねの幅寸法はほぼ同設計。
コレはホント助かります^^
もちろん、バンダイさんにしてみれば、偶然・・・ではなく、『必然』なのでしょうが、こういう気配り?はかなり嬉しいですね^^

ただ、流石にクリアランスが違うので、そのまま組み合わせても『ひざが曲がりません』

なので、ぶつかるところを動かしながら確認し、削り込み。

工作したことがない人にとっては難しく感じるかもしれません。
でもね、何事もそうなのですが、『まず見る!!』。
必ず『全ての物に理由はある!(笑by犬』ので、『どこがどう当たっているのか?』、『何が邪魔しているのか?』を観察後、ペン等でアタリを付け、チョコっとずつ削っていくのが良いと思います。

大変ですが、ここは投げ出さずにジックリ行きましょう^^

で組み合わせてみると・・・

2007.5.7.1.jpg

なんと、若干ミックスした方が足の全長が伸びています!
うーん・・・それぞれの大きさはほぼ一緒なんですが・・・関節の軸の位置取りが違うのかな?
まぁ、ストライク自体、足が若干短く感じる設計なので(頭部が大きいのも影響している気がするので、必ずしも一概に短いと決め付けられないのですが)、コレでちょうど良いかもしれません。

さて、こっからが2択ポイント!

そのポイントは・・・ヒザ!!

ヒザは、ストライクのヒザの出っ張りを排除すればすぐにでも完成・・・なのですが、せっかくMGのフレームを使うわけですし、せっかくなのでヒザを動くようにしたい・・・ですよねぇ??

1.難しいので今回はヒザを削り落とす方向で!
2.難しくてもヒザを独立可動させたいっ!

・・・ちなみに、結構苦労します(爆

というわけで、今回は難しい方へと行きます。
簡単な方を御希望の方は、該当部分は読み飛ばしましょう^^

MG誌の作例は簡単な方です。
ただ、その場合ひざを曲げるとヒザ関節辺りの風通しがかなり良いので(笑)、かなり目立っちゃいます。
作例はそれを埋めるべく、ひざ関節にモールドを入れていますので、参考にしてみてください。


2007.5.7.2.jpg

股間のパーツは完全にピシっ!とははまりませんので、削り込みながら様子見。
当たる部分を削り、足りない部分は埋める方向で。
とりあえず、位置的には上の画像のようになる予定。

ここら辺は、上記の事(考え方。犬の辺り参照・笑)と同じ事の繰り返しですので、画像を良く見てやってみてください。

更に押し進めて、両足が揃いました。

2007.5.7.3.jpg

おぉ〜!ほぼアカツキじゃん!(昨日も同じ事を言った記憶が^^;
ヒザはとりあえず瞬着で固定。
どんな感じになるのか様子見たかったんで^^;

やはり、脚部に大きく違いが出る・・・かな・・・?(汗
ってか変わってくれないと、キットを潰した意味がないのですが・・・^^;
アカツキとストライクで1万円近くするわけですしね^^;;

あまり代わり映えしないのがチョッと気になりますが、それくらい、ストライクとアカツキの外見上の違いがない、と言う事なのでしょうねぇ〜^^;

アカツキ、そのままでも結構良いキットだったんだなぁ・・・(汗←組まずに進んでしまった人^^;

まぁ、ようやく終わりが見えてきた?・・・と平静を装ってみたりして・・・^^;(←ちなみに始まったばかりですけど・・・汗
posted by シンたろー at 13:18 | Comment(2) | 黄金の風(凍結中 | 更新情報をチェックする

2007年07月15日

アカツキへの道・4

いよいよ6日目。
ストライクだった機体も次第にアカツキっぽく見えるようになってきて、楽しくなってきている頃だと思います^^
今日は引き続きヒザについて、です。
ここは流石にちょっと面倒な部分なので、下手に手を出すと放棄しそうになるのである程度心構えが必要かと^^;
ま、それでも今日もがんばってアカツキを進めましょう^^

今日の難易度 ☆☆☆

--------------------------------


さて、今日は細々と詰めていきますよ。

2007.5.8.1.jpg

ヒザの関節。
MGストライクのヒザフレームを利用して、ヒザの外装をアカツキを使用しようと言う計画です。

大きさ的には合わないので、最終的には形状変更が必要です。

昨日も触れましたが、まぁ、手軽に・・・と言う方は雑誌作例同様、ヒザをそのまま使用した方が手っ取り早いかと^^
ひざ関節の出っ張りを削れば問題ないです。
(重ね重ねになりますが、曲げた時にひざ関節が大きく見えるのですが、気にならなければそのままでも・・・。気になる場合はMG誌のようにするのも手かと^^)

とりあえず、当たる部分を大々的に削り込み・・・
上の画像のように。
(右がノーマルのMGストライクのヒザパーツ。ここの可動は活かしつつ、上に『乗る部分』をアカツキに、と言う寸法です)
後は、エポパテを盛ってひざを押し込んで固めると。

2007.5.8.2.jpg

ひざ下にもエポパテを盛ってます。
コレはストッパー部分をカサ増ししたためですね。
ここら辺は好みもあるかと思うのですが、ひざの正位置(まっすぐ立たせた時のひざの角度)を好みで決めると良いのではないでしょうか?

後は固まったら形状を削り込み&隙間を処理すると。
コレはまた後ほど。

2007.5.8.3.jpg

ここまでの全体像。
うーん、だいぶアカツキになってきた・・・気がします(爆^^
この組み換え、工作的にはそれほど難しくなく、でも画期的にストライクがアカツキに変化していくので非常に楽しいです^^
だんだんと変貌していく様を見るのはやはり楽しいですよぉ〜。
一緒にやってくれてる方には良くわかることでしょう^^(←絶対いないと思いますけど^^;

ま、明日はいよいよ成型・・・するのかな?
お楽しみに^^
posted by シンたろー at 13:16 | Comment(0) | 黄金の風(凍結中 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。